X-Power

Xパワー・四次元肉体進化の日記Blog♪

*

X-Power第2回の実践 パイナップル♪

      2016/01/30

X-Powerでは、第2回の授業で「食べ合わせ」を健康のための重要事項として教わります。

何を食べるかと同様に、一度の食事で同時に食べることができるかを重要視しています。

「食べ合わせを」簡単にいうと、胃の中で食べ物が交じり合うと消化が悪くなり、体に負担がかかるため、消化を良くし、体への負担を減らすために一度に異なる性質の食品を混ぜて食べないとの考え方です。

そして、食べ物を混ぜて食べることで最も負担がかかる臓器が膵臓(すいぞう)であることを教わります。膵臓は、膵炎になったり膵臓癌になっても自覚症状が出にくいため発見が難しく、膵臓癌などが発見されても治療が極めて困難であるとのことです。このため、食べ合わせのルールをつくり、そのルールを守ることで膵炎や膵臓癌を予防することの重要性が説明されます。

食べ合わせのルールの詳細は、Xパワーの第2回で詳細に説明されています。
講師である仙人さんは、単純なルールであるとおっしゃっていますが、自分は未だに混乱しています。

食べ合わせのルールを守ることの効果を確認したくて、しばらくの間、夕食を果物にしてみることにしました。果物は、混ぜて食べると(例えば、リンゴとイチゴなどの複数種類の果物を混ぜて食べると)、消化が悪いとの指導がありました。このため、夕食の果物は、単品としてみます。

カットする前のパイナップルの写真

写真は、スーパーで購入したパイナップルです。値段は398円でした。思っていたよりも安くて意外でした。リンゴ2個、安めのイチゴ、1パックと同程度の値段です。
カットする前のパイナップルは、恐竜の卵のような面構えにチョットビビります。

 

途中までカットしたパイナップルの写真

写真は、途中まで切ったパイナップルです。

買って帰ってきたときは、「どうしたものか」とひるみましたが、インターネットで切り方を説明しているサイトがあり、そのサイトの説明の通りに切ったらなんとかなりました。

 

カットしたパイナップルの写真

写真は、食べられる状態まで切ったパイナップルです。写真に写っている量は、パイナップル1個分ではなく、半分程度です。切りながら、半分は食べてしまいました。

「パイナップルなんて、殆ど水分、これで一食にたりるのか?」と思って食べ始めたものの、実際のところは、全てを食べることができませんでした。かなりの量です….

今度、夕食にパイナップルを選んだ際には、ジュースにしてみます。ジューサーで繊維分を取り除けば、1個は楽にいけると予想しています。

リンク
意外と簡単な食べやすいパイナップルの切り方

 - エックスパワー実践日記